Isakura IPTVで、NHKチャンネルを視聴、「アルペンスキー世界選手権2017」の生中継をどこでも見れます。月額1750円で、47個のチャンネルが視聴可能です。

e0368172_10185455.jpg
2度の冬季オリンピックを含む、数々の国際大会が開かれてきたウィンタースポーツの聖地サン・モリッツで、2017年2月に開催される「44回アルペンスキー世界選手権」。FIS(国際スキー連盟)が主催する最大規模のアルペンスキー競技大会で、サン・モリッツでは2003年に続き、5度目の開催となります。冬季オリンピックの前哨戦として世界中のファンが注目する大会です。

アルペン世界選手権2017の放送予定

2月6日(月) トレーニング・テスト走行

2月7日(火) 女子スーパー大回転 Women’s Super-G

2月8日(水) 男子スーパー大回転 Men’s Super-G

2月10日(金) 女子アルペン複合 Women’s Alpine Combination

2月11日(土) 男子滑降 Men’s Downhill

2月12日(日) 女子滑降 Women’s Downhill

2月13日(月) 男子アルペン複合 Men’s Alpine Combination

2月14日(火) 団体戦Team Competition

2月16日(木) 女子大回転 Women’s Giant Slalom

2月17日(金) 男子大回転 Men’s Giant Slalom

2月18日(土) 女子回転 Women’s Slalom

2月19日(日) 男子回転 Men’s Slalom

注目選手

湯淺直樹(日本)

33歳のエースが男子回転で初めての表彰台を狙います。2006年トリノ五輪で7位、2011年の世界選手権では6位入賞。悩まされてきた腰の不安が消え、今季はW杯でトップ10入りが3回と好調です。大舞台に強く「常に優勝を狙っている」と強気の発言も。コースが荒れない早いスタート順を手にできれば、期待が膨らみます。

マルセル・ヒルシャー(AUT)

技術系を得意とするアルペン強豪国のエース。今季のW杯で総合優勝争いでトップを独走、前人未到の総合6連覇に突き進んでいます。今季ここまで回転と大回転の計15戦で、表彰台を逃したのはわずかに2回だけと安定感は群を抜きます。優勝候補筆頭として注目される中、回転と大回転の2冠を狙います。

リンゼイ・ボン(USA)

2010年バンクーバー五輪では滑降で金、スーパー大回転で銅メダル。世界選手権は2009年に滑降とS大回転の2冠。美貌のアスリートとして注目を集める一方、度重なる大けがから復帰を遂げてきました。昨季も左ひざ骨折、今季前には右腕を骨折しながら復帰2戦目の滑降で優勝、女子最多のW杯通算勝利数を77に伸ばしました。

マティアス・マイヤー(AUT)

2014年のソチ五輪で滑降を制しましたが、昨季は12月のW杯で転倒して背中を痛めレースから離脱。復帰した今季も序盤は振るいませんでしたが、1月20日のW杯スーパー大回転第4戦で2季ぶりの復活優勝を果たしました。スピード系種目で五輪に続くタイトルを手にすることができるでしょうか。






[PR]
by isakura_iptv | 2017-02-08 10:22 | スポーツ